シェアハウスの初期費用はいくらくらいを想定してればいいの?相場は?

シェアハウスの初期費用は30,000~100,000円くらいが相場となります。

相場の幅が大きいのは、初期費用の考え方や、引っ越す前の環境によってかかってくる初期費用は大きく変わってしまうからです。

シェアハウスの初期費用には大きく分けて3つの種類あるので、それぞれについて解説していきたいと思います。

シェアハウスの初期費用1:1ヶ月分の家賃と共益費の前払い

多くのシェアハウスは、契約時に「家賃と共益費の1ヶ月分」の前払いが必要です。

この”家賃と共益費の前払い”を初期費用と考えるかは人によって違うのではないでしょうか。

「あくまでこれは最初の1ヶ月の家賃+共益費を払っているだけなので、初期費用とは別」と考える人もいれば、「契約前に払っているので初期費用だ」と考える人もいるかと思います。

シェアハウスの一ヶ月の家賃+共益費の相場は40,000~50,000円ほどなので、前払いを初期費用と考える人は、この金額がまず初期費用に加わります。

 

ただ個人的には、前払いしようがしなかろうが、結果として最終的に支払う家賃の合計額は変わらないので、家賃の前払いは初期費用と考えなくて良いんじゃないかなとは思います。

シェアハウスの初期費用2:引っ越し代+必要な家具・家電代

シェアハウスの場合は、生活に費用な家電は共用スペースに、机やベッドも個室に備え付けられているケースが多いので、これらの費用を抑えることができます。

ただ現在すでに一人暮らしをしていて新しくシェアハウスに引っ越す場合と、実家ぐらしからシェアハウスに引っ越す場合とでは引っ越しに必要が費用が変わってきます。

これはどっちが多く費用が掛かるとは一概に言えません。

 

【既に一人暮らしをしていてシェアハウスに引っ越す場合】

  • 持っていけない、または不要な家具・家電がある場合は、処分に費用が掛かる。
  • シェアハウスで足りてない家具・家電を既に持っている場合は、送料は掛かるが、新しく買うよりは費用は浮く。

【実家暮らしからシェアハウスに引っ越す場合】

  • 最低限、身の回りのものさえ持っていけば、生活を始められる環境が整っているので、送料はほとんど掛からない。
  • シェアハウスで足りないと感じる家電・家具・小物が多い場合は揃えるのに少し費用が掛かる。

ただどちらにしても、家具・家電を全部持っていく必要がある、もしくは0から揃える必要がある、普通の賃貸マンションに引っ越す費用に比べれば安いものです。

 

最低限のものだけ持っていく場合は、引っ越し代+必要な家具・家電代は5,000~10,000円で済み、多くても20,000~30,000円くらいと考えて大丈夫でしょう。

シェアハウスの初期費用3:契約自体に必要な費用

シェアハウスでも、一般の賃貸マンションと同様に、契約自体に必要な費用があります。

しかし賃貸マンションと比較するとかなり安いです。

一般的な賃貸マンションの場合

一般的な賃貸マンションで、契約自体に必要な費用の一般的な内訳は以下の様になっています。

  • 敷金:家賃の1ヶ月~2ヶ月分
  • 礼金:家賃の1ヶ月~2ヶ月分
  • 保証会社:家賃の30~80%
  • 火災保険料:15,000~20,000円
  • 鍵交換費:20,000円
  • 仲介手数料:家賃の50%

仮に家賃5万円の賃貸マンションを契約した場合、敷金・礼金を家賃の1ヶ月分、保証会社を家賃の50%とした場合の費用は以下のようになります▼

敷金 50,000円
礼金 50,000円
保証会社 25,000円
火災保険 15,000円
鍵交換費 20,000円
仲介手数料 25,000円
合計 185,000円

最近では敷金・礼金0円のとこも多いですが、その場合でも85,000円となり、高いですよね。

仮に敷金0円のところも、退去時にクリーニング費として20,000~30,000円ほど取られるケースがほとんどです。

つまりはどう安く見ても、契約自体に10万以上の費用が掛かります。

 

シェアハウスの場合

これに対しシェアハウスでは賃貸マンションで必要な費用のほとんどが不要であり、一般的な内訳は以下の様になっています。

  • デポジット(保証金):10,000~30,000円
  • 事務手数料:5,000~10,000円

つまりシェアハウスの契約自体に掛かる費用は15,000~40,000円ほどで済みます。

デポジット(保証金)は賃貸マンションで言うところの敷金の縮小版みたいなものです。

また退去時に部屋に問題がなければ、50~100%が返金されます。

 

シェアハウスは基本的に管理会社と直接やり取りをするので、仲介手数料は掛かりません。

仲介手数料の代わりにシェアハウスによっては「事務手数料」というカタチでいくらか請求されることはありますが、これも仲介手数料と比較すると安めです。

 

ただ火災保険は強制で無いだけであって、実際に災害や事故が起きた時は、所有物に対して補償が一切ありませんので、万が一の場合に備えたい場合は任意で火災保険に入っておくことをオススメします。

礼金・保証会社・鍵交換費に関しては請求するシェアハウスはほとんどありません。

シェアハウスの初期費用の相場まとめ

  • 家賃+共益費の一ヶ月の前払いを初期費用と考えるなら、+40,000~50,000円、考えないなら0円
  • 引っ越し代+必要な家具・家電代に必要な費用は、引っ越す前の環境よって変わるが、シェアハウスでは生活に必要な家具・家電などが大体揃っているので、10,000~30,000円ほどもあれば十分。
  • シェアハウスの契約自体に必要な費用は、デポジット(保証金)と契約事務手数料だけのところがほとんど。
    デポジット(保証金)は10,000~30,000円、事務手数料は5,000~10,000円が相場。

家賃+共益費の一ヶ月の前払い分を初期費用と考えないなら、初期費用は30,000~50,000円もあれば十分ということになります。

家賃だけでなく、初期費用も安く抑えられるところもシェアハウスの魅力の一つですね!

サブコンテンツ
◆ENGLISH
◆中文

このページの先頭へ