シェアハウスの家賃の相場は?ホントに一人暮らしの賃貸より安いの?

「シェアハウスは一人暮らしに比べて家賃が安い!」、

「都心でも、低価格で住める!」

等のようなことが言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

シェアハウスの家賃の相場を参考に、一人暮らしで賃貸を契約した場合と比べて、ホントに安いのか見ていきたいと思います。

大阪のシェアハウスの家賃の相場を参考にしてみる

当社で管理するシェアハウスが大阪にあることもあり、大阪のシェアハウスの家賃の相場を、大手シェアハウスポータルサイトの情報を参考に、調べてみました。

 

◆大阪市内のシェアハウス家賃相場

エリア ドミトリー 個室
梅田・淀屋橋 30,000~40,000円 35,000~55,000円
本町・心斎橋・なんば 30,000~45,000円 40,000~55,000円
天王寺 25,000~35,000円 30,000~50,000円
天満・京橋 20,000~30,000円 30,000~50,000円

※ドミトリー:一つの個室を数人でシェアするタイプ。

※東京だと、この相場+10,000円くらい。

 

確かに5万円くらいになると、安いとまでは言えませんが、シェアハウスは3~4万円でも、好条件の物件が揃っており、

むしろ5万も出すと、少しリッチな気分を味わえるところに住めますよ。

 

また大阪の上記のエリアで一人暮らしされている方は、分かると思いますが、これは普通の一人暮らしの賃貸に比べて、かなり安い相場になっています。

  • 梅田・淀屋橋エリア:65,000円
  • 本町・難波・心斎橋エリア67,000円
  • 天王寺エリア:60,000円
  • 京橋エリア:55,000円

参考:HOME’S「ワンルームの家賃相場」より

ホントに一人暮らしの賃貸と比べると安いのか?

「いやいや、普通の賃貸のワンルームでも、これくらいの相場の家賃はあるよ!」という意見もあるかと思います。

確かに、頑張って探せば、同じくらいの価格の物件は見つかります。

 

もちろん、そのことを踏まえた上で、シェアハウスの家賃の安さの魅力について、解説していきたいと思います。

同じ家賃でも条件や内装、設備に大きな差がある

仮に、先程の大阪の相場の平均値くらい(約40,000円)の物件を見つけることが出来たとします。

しかし、恐らく「部屋が狭い」、「内装・水廻りが汚い」、「設備が古い」、駅から遠い」等、何かと不満を感じる物件が多いんじゃないでしょうか?

 

シェアハウスでは、同じ家賃だった場合、これらの条件に対して、かなり満足出来る内容になっています。

 

特に内装や設備に関しては、シェアハウスは空き家をリフォームしているのが主であること、またシェアハウス自体がここ数年で増えてきたという背景もあって、中々のグレードであったりします。

 

同じ家賃で比べて見た場合、間違いなく、条件はシェアハウスの方が満足できるケースが多いでしょう。

シェアハウスは初期費用が圧倒的に安い

普通の賃貸の場合、一般的に入居時には、

  • 敷金・礼金:家賃の1~2ヶ月分
  • 仲介手数料:家賃の半分~1ヶ月分
  • 火災保険料:15,000~20,000円
  • 保証会社料:家賃の40~60%
  • 鍵交換費:10,000~15,000円

等の初期費用が掛かってきます。

計算しなくても、かなりの費用が掛かっているのが伝わってきますね。

 

最近は敷金・礼金0円のところも増えてきてはいますが、そういったところは、クリーニング費用など、退去時に、お金を多く取られるケースが多いです。

 

これに対してシェアハウスでは、初期費用に敷金・礼金が掛からないケースが多く、また管理会社と直接やり取りをするので、仲介手数料も基本的に掛かりません。

 

仲介手数料の代わりに、事務手数料というものが発生しますが、大体10,000~15,000円くらいであり、その他の費用も掛かりません。もちろん、退去時に発生する費用も特にありません。

 

仮に家賃がお互いに40,000円だったと仮定して、実際に比較してみると▼

  シェアハウス 普通の賃貸
敷金 0円 40,000円
礼金 0円 40,000円
仲介手数料 0円 20,000円
保証会社 0円 20,000円
鍵交換費 0円 15,000円
事務手数料 15,000円 0円
合計 15,000円 135,000円
差額   120,000円

かなりの差額となりましたね。

 

必ずしも、この例の様になるとは限りませんが、少なくとも10万円近くは初期費用で差が出ると思って頂いて大丈夫です。

シェアハウスの方が、家賃が一年間毎月1万円ほど浮くという訳です。

 

また新しく一人暮らしを始められるという方の場合は、家電や家具等のモノを揃えないとならないので、更に、10~15万近く費用が掛かってしまいます。

 

これもシェアハウスの場合は、冷蔵や洗濯機、掃除機等の生活家電はもちろんのこと、個室にベッドや机などの家具も完備されていることも多いので、更に初期費用に差がつきますね。

水道・ガス・電気代などが共益費という仕組みでまとめられていて、管理しやすい。

家賃以外で月に掛かる費用には、水道・ガス・電気代、人によってはインターネット代などが挙げられます。

 

一人暮らしにおける、これらの大体の費用は、

  • 水道代2000~2500円
  • ガス代2500~3000円
  • 電気代2500~3000円
  • ネット代4,000~4500円

くらいになりますので、月11,000~13,000円というところですね。

 

これに対して、シェアハウスの場合は、水道・ガス・電気代に加えて、インターネットも込みで共益費が10,000~15,000円と設定されているところが多いです。

 

なので、家賃以外に掛かる費用に関しては、金額的な差は殆どありません。

むしろネットを使わない人にとっては、シェアハウスの方が若干高くつく場合もあります。

 

しかし、実はこの共益費という仕組みには、費用以外のところにメリットがあります。

 

★定額制なので、生活費の予算の管理がしやすい

各料金を別々に支払う、普通の賃貸の場合、水道やインターネットは定額のところが多いものの、ガスや電気代は、月の使用量によって変化します。

もし、アナタの1ヶ月の生活費に掛けられる予算がシビアだった場合、ガス・電気代が安定しないというのは非常に厄介な要素になるかと思います。

 

一方で、シェアハウスにおいては共益費が定額なので、予算を立て易くなります。

また光熱費は、夏場や冬場になると上昇する傾向にありますので、そういったことも、あまり気にしなくよいという点もイイですね。

 

★手続きが不要で、支払いも1本

普通の賃貸の場合、入居時に水道・電気・ガス・インターネット、それぞれに対して契約手続きを行わなくてはなりません。

(最近は水道料金も定額で家賃に含まれているケースも多いですが)

シェアハウスでは、これらの手続きをすることなく、入居後すぐに各サービスを使えるので、契約の手間も掛からず、またお金の明細の管理がし易いです。

 

他にも、インターネットによくある「契約期間の◯年縛り」のようなものが無いなど、退去時にも何の手続きや縛りが無いこともイイですね。

激安シェアハウスには要注意

とは言っても、シェアハウスの家賃があまりに安いと、少し中身を疑った方が良いかもしれません。

私の体験談になりますが、個室であるにも関わらず、家賃が24,000円くらいの所謂激安シェアハウスに住んでいたことがあります。

これは後から分かったことなのですが、部屋の広さが、建築基準法に違反している所謂、脱法ハウスと呼ばれるものだったのです。

 

個室がカプセルホテルのようになっており、一つの部屋を小さくし、なるべく多くの人が住める様にすることで、コストを抑えているのでしょうね、

また管理体制も整っていない場合も多い為、シェアハウス内での秩序が乱れやすく、住人同士のトラブルが起きやすいという一面があるということも認識しておいたほうが良いでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

シェアハウスは家賃が安いだけでなく、その安さの中にも、色々な魅力が詰まっているというところがポイントなのです。

 

当シェアハウスでは、お家賃が3万円前後でありながらも、中身が充実しているシェアハウスを提供させて頂いておりますので、もし宜しければ覗いてみて下さいね!

大阪のとあるシェアハウスを探してみる。

◆ENGLISH
◆中文

このページの先頭へ