シェアハウスの光熱費・水道代はいくらくらい?共益費とは何が違うの?

一般的な賃貸マンションにおいては、家賃以外に掛かる費用には、

  • 光熱費(電気代・ガス代)
  • 水道代
  • 共益費(共用スペースの掃除・補修・メンテナンス、EVなどの電気代)
  • インターネット代

があり、それぞれ別払いとなっていることがほとんどですが、

シェアハウスにおいては、これら家賃以外に掛かる費用「光熱費・水道代・共益費・インターネット代」は全部まとめて「固定費」となっているケースがほとんどであり、家賃以外に掛かる費用は、この「固定費」だけと思っていて大丈夫です。

※シェアハウスによっては、「固定費」の表現が”共益費”や”光熱費”、”その他料金”と別の表記だったりしますが内容は同じです。

家賃の方に共益費が含まれていたりすることもあります。

 

また固定費は一律料金となっており、水道やガス・電気の使用量によって変わることは基本的にはありません。

一般的な賃貸マンションだと、電気・ガス代が季節によって変動したりと、費用の管理が色々と面倒ですが、

シェアハウスは一律料金の固定費としてまとめられているので、毎月の支払い額が管理しやすいという点も魅力の一つです。

 

固定費(共益費+光熱費+水道代+ネット代)の一律料金はいくらくらい?

固定費はシェアハウスによって異なりますが、大体8000円~12000円くらいが目安となります。

一人暮らしであれば、

  • 水道代:約2000円
  • 電気代:約3000~4000円
  • ガス代:約2000~3000円
  • インターネット代:約4000円

くらいが平均的で、合計で1ヶ月に12000~15000円ほどは掛かり、これに更に共益費も掛かってくるので、家賃以外の費用においてもシェアハウスの方が経済的ですね。

 

固定費は安ければ必ずしもイイというワケではない。

あるシェアハウスは固定費が8000円。あるシェアハウスは固定費が12000円。

家賃が同じで、立地や個室の条件も変わらない場合は前者のほうがオトクに感じますよね。

しかし、必ずしも固定費が安いほうがイイというワケではないので注意が必要です。

 

例えば、リビングや廊下、トイレ、シャワールームなどの共用スペースの掃除は、固定費が高いところは業者が、安いところは住人当番制が、とサービスに差があったりします。

また安いところはそもそもインターネットが使えなかったりするところもあります。

固定費は費用だけではなく、どんな内容が含まれているのかもしっかりと確認しておきましょう。

 

一律料金とは言っても使い過ぎはダメ。

シェアハウスの管理側で、各部屋ごとにどれくらい電気・水道を使っているかは分かっているので、あまりに使いすぎていると別途料金を請求されることもあります。

とは言っても、「全ての電化製品を24時間30日付けっぱなし」のような過剰な使い方をしない限りは大丈夫なので、そんなに気にしなくても大丈夫です。

普通に使っていれば、まず請求されることはありませんので。

まとめ

  • シェアハウスにおいては、家賃以外に必要な光熱費・水道代・共益費・インターネット代は「固定費」としてまとめられている。
  • 「固定費」は基本的に一律料金。
  • 「固定費」が安いと、共用スペースの掃除が住人当番制だったりと、サービスの質に差があることもある。
  • 一律料金であっても、電気・ガス・水道を過剰に使った場合は、別途料金を請求されることがある。

個人的には、一律料金なので、毎月に支払うお金の管理がしやすいという点と、気軽にエアコンを付けられるという点が住んでて良かったなと感じた点ですね。

◆ENGLISH
◆中文

このページの先頭へ