シェアハウスとは?ルームシェアとの違いや魅力について解説。

what-is-sharehoues

ライフスタイルの変化や、「テラスハウス」などのTVメディアの影響から、

ここ数年急増しているシェアハウス。

シェアハウスコラム第一弾は「そもそもシェアハウスとは何?」ということに関して、解説していきたいと思います。

シェアハウスの定義

シェアハウスには明確な定義というものはありませんが、

住居において、寝室やベッドなどの必要最低限のプライベートの空間以外の、

リビングやお風呂(orシャワールーム)、キッチン、トイレなどを共有スペースとして、

他の住人とシェアする住スタイルのことを総じてシェアハウスと呼ぶのが通例です。

 

最近では、基本となるこれらの共有スペースに加えて、

シアタールームやビリヤード台やダーツが置かれたプレイルーム、音楽スタジオなどの

充実した共有スペースが備えられているシェアハウスも増えてきています。

 

また洗濯機や冷蔵庫などの家電も完備されていることが殆どです。

シェア出来るものはシェアすることで、”必要最低限のものだけを持って生活するシンプルライフ”という、

近年のライフスタイルのトレンドである断捨離・ミニマリストにとっても人気の住スタイルでもありますね。

ルームシェアとの違いとは?

「シェアハウス」と一緒に良く耳にする言葉「ルームシェア」ですが、

2つの違いは、住スタイルでは無く、管理形態にあります。

 

「ルームシェア」は、元々シェアを目的とされていない貸物件を、

ある一人が借り主となって複数の住人でシェアしたり、また他の住人に間貸ししたりしている形態です。

これに対して「シェアハウス」は、最初からシェアが目的とされている物件を、

そのオーナーもしくは管理会社が営利目的として住人を募集している形態となります。

 

大きな違いとしては、

「ルームシェア」の方には基本的に管理人もしくは管理会社が存在しないので、

何か問題が起きた時に対応がしづらく、トラブルに繋がりやすいという点です。

また友達同士やシェアメイトを募集しての「ルームシェア」となる場合、

誰かが出ていくとなった場合に家賃の負担料に影響が出ることデメリットの一つですね。

 

一方で管理に対してのコストが掛からない分、

ルームシェアの方が家賃が安くなるというメリットもあります。

 

もちろん必ずしもどちらが良いという訳ではありませんが、

トラブルに対しての不安がある人は、「シェアハウス」の方が安心できるという点でオススメですね。

ゲストハウスとの違いとは?

ゲストハウスもよくシェアハウスと一緒に耳に言葉かと思います。

管理形態はシェアハウスと同じですが、

ゲストハウスは主に旅している人などが交流を目的として、

短期の宿泊をする場所としての意味合い持つことが多いです。

なのでお部屋のタイプもドミトリーという、複数人で一つの部屋をシェアするタイプのものが多いです。

 

ある程度のプライバシーを保ちたい人には不向きな面もあり、

ゲストハウスとして一面を持ちながら、

普段は短期型(1~3ヶ月)のシェアハウスとして運営されている混合型のものもありますので、

シェアハウスを探される時はその辺もチェックされてみて下さい。

個室のタイプについて

シェアハウスにおいて唯一のプライベート空間である個室についてですが、

一般的に多いのは「シングルルーム」と「ドミトリー」の2タイプです。

◆シングルルーム

single-room

一般的な賃貸における1Rタイプ。

シェアハウスによっては最初からベッド、デスク、冷蔵庫等が完備されている。

プライバシーがしっかり確保されているのかポイント。

◆ドミトリー

dormitory

一つの部屋を複数人でシェアするタイプ。

人数はシェアハウスによって様々だが、2~6人ほど。

シングルルームと比較して、家賃は安めに設定されている。

交流が生まれやすい反面、シェアメイトと気が合わないとトラブルに繋がりやすいというデメリットもある。

 

また例は少ないですが、寝るスペースだけが個室として存在するカプセルホテルのような「BOXタイプ」や、

ドミトリーだけど、一つの部屋が広く、間仕切りによってある程度のプライベート空間を保てる

「セミプライベートルーム」のタイプもあります。

 

只し、BOXタイプに関しては、広さや天井高の関係上、

建築基準法に違反した脱法ハウスであることが殆どなので、注意が必要です。

意外と知られていない契約の種類について

居住用住宅の賃貸における契約には「普通借家契約」と「定期借家契約」の2種類が存在します。

2つの契約の違いについては色々とあるのですが、

特に注目したいのが契約期間を終了した時の更新を貸主の権限で拒否できるか否かという点です。

 

シェアハウスで無い賃貸物件における一般的な契約は「普通借家契約」となりますが、

コチラは定められた契約期間を終了しても、

正当な理由がない限りは貸主の権限で契約更新を拒否することは出来ず、

借り主の申し立てが無い場合は自動更新されます。

 

これに対して「定期借家契約」の場合は、契約期間を終えた時に、

貸主の意志によって契約を更新しないことが可能となります。

 

これがどう影響してくるかというと、

例えばもし住居人が揉め事をおこしやすいタイプの人間だった場合に、

更新期間終了によって契約を解除することでトラブルの回避が可能です。

 

シェアハウスの場合、一人の住人が他の住人に影響を及ぼしやすい環境である為、

「定期借家契約」の形態を取っていることが多く、

また、その為に契約期間も3~6ヶ月と短めに設定されています。

 

トラブルメーカーが発生した場合に対応できる手段でもあるので、

管理人はもちろん、住居人にとってもメリットがある契約となっています。

 

但し、トラブル有無に関わらず貸主の意向によって契約更新が出来なくなる可能性もあるので、

長期的に住むことを考えている場合は、注意が必要です。

シェアハウスの魅力とは?

最後にシェアハウスの魅力について触れていきたいと思います。

 

一つは家賃や初期費用などのコスト面です。

最初から家具や家電が完備されていたり、

敷金・礼金が不要な場合が多いことで初期費用をかなり抑えることが出来ます。

また共有スペースがシェアされていることで、

内装や設備等を同条件で比べて見た場合、家賃も低めに設定されています。

 

しかし、シェアハウスの一番の魅力はやはり新たな人の出会いです。

生活環境をシェアするということは、自然と交流の機会が生まれます。

また運営者がいる形態のシェアハウスは、

月一でイベントや食事会が開催されたりと交流のチャンスも多いのも特徴です。

 

日々の生活に新たな刺激、出会いを求めたいという方は、

是非シェアハウスでの生活を検討されてみては如何でしょうか?

 

大阪にある当シェアハウスを覗いてみる。

◆ENGLISH
◆中文

このページの先頭へ